ごあいさつ

一般財団法人放送セキュリティセンター(SARC)は、「個人情報の保護に関する法律」に基づいて放送事業者の個人情報の適正な取り扱いを確保する第三者機関として「認定個人情報保護団体」としての認定を受け、平成17年4月より活動を行ってまいりました。 放送事業者における個人情報保護体制の確立をSARCがさらに支援するため、プライバシーマーク指定審査機関の申請を行い、平成19年11月21日に、財団法人日本情報処理開発協会(現、一般財団法人日本情報経済社会推進協会)より、第15番目の審査機関として指定されました。

SARCは、プライバシーマーク制度の目的を深く理解し、プライバシーマーク審査機関の使命を自覚し、認定個人情報保護団体業務に加えて、指定機関業務についても皆様方のご期待に添えるよう精いっぱい努力してまいる所存です。


プライバシーマーク指定審査機関業務運営に係る基本方針

一般財団法人放送セキュリティセンターは、プライバシーマーク制度の目的を深く理解しプライバシーマーク指定審査機関としての使命を自覚して、プライバシーマーク指定審査業務を次の方針に基づいて行うことを宣言する。

  1. プライバシーマーク指定審査業務を通じて、事業者における自主的な個人情報保護マネジメントシステムの確立を支援する。
  2. 審査に関わる全ての要員が常に中立的な第三者として適切に活動するよう監督体制を整え、常に公平性の維持向上に努める。
  3. 審査活動を通じて入手した情報は機密として厳重に保持し管理する。また、機密保持が維持されるよう、情報セキュリティの強化と要員に対する教育を継続的に行う。
  4. 事業者及び個人情報本人からの苦情及び相談を常時受け付ける窓口を設け、適切かつ迅速な対応を行い、必要に応じて審査業務の改善を行う。
  5. 審査業務が適正に実施されていることを確認するために、定期的に点検し、必要に応じて是正処置及び予防処置を実施する。

制定:2007年11月21日

改訂:2013年 4月 1日

一般財団法人 放送セキュリティセンター